オーガニックと有機の違いとは?知っておきたい正しい知識!

科学的なものが人体に有害だと話題になってから、オーガニック商品などの野菜などがたくさん出てきていますよね。

 

でもオーガニックってどのような意味があるのでしょうか?

 

今回は、オーガニック・有機・無添加など話題のキーワードを調べてみましたので、自然派を目指す人の参考になれればと思います!

オーガニックの意味とは?有機との違いについて

オーガニックを日本語に訳すと、「有機の」という意味になります。

 

オーガニック野菜・有機野菜などは、大きくは同じジャンルになります。

 

有機とは、決められた範囲の農薬であれば使用することができますが、ほんのわずかな量になるので、自然に作られる野菜に近い状態で食べることができます。

 

ただ、害虫がついて傷やへこみができてしまったり、成長段階で変形してしまったりしやすいので、手間をかけた野菜となります。

 

オーガニックの他にはどのような種類があるのでしょうか?

一般野菜:農薬を使って、害虫駆除をした野菜
有機野菜:有機野菜と呼ばれるための、決められた範囲内で微量の農薬などを使った野菜
無農薬野菜:農薬を使わない野菜

こういった違いがあります。

 

日本は世界の中でみても農薬の使用量が多いことで知られており、農薬による科学合成成分が体に悪影響であることから、オーガニック・有機にこだわったお米・野菜・果物が盛んになってきました。

 

とはいえ、まだ全体の生産量から見て数パーセント程度といえます。

無添加の意味とは?オーガニックとの違いについて

食品パッケージなどに「オーガニック〇〇」、「無添加〇〇」などの言葉をよく見かけたりしますよね。

 

無添加・オーガニックに違いがあるのでしょうか。

 

調べてみると、次のような違いがありました。

オーガニック:原材料の生産過程

たとえば「有機栽培のお米を使った、乳児用のお粥」という商品があったとします。

 

これは、原材料としてのお米がオーガニックであるという表示になります。

無添加:加工品の製造過程

 

「合成着色料など不使用の無添加お粥」があったとしたら、お米に関しての有機栽培は別として、加工品のお粥を作るときの化学合成薬品を使っていないということになります。

 

これは商品が傷まないように長持ちするための薬品など、いろいろなものがあります。

 

「〇〇無添加」などと表示されていますが、なにが無添加なのかによって、一般的な製品よりデメリットがある場合もあります。

  • 味にインパクトがなくあっさり
  • 賞味期限が早い

などもあります。

 

まれにですが、化学合成薬品アレルギーという方がいます。

 

昨今の既製品には、多くの薬品が含まれていますので、無農薬にこだわった食材と無添加調味料で調理しなければ、アナフィラキシーショックがでてしまうというものです。

 

極端な例を話してしまいましたが、もっと身近なところでいうと、アルコール無添化の化粧水を使わないと、肌がヒリヒリしてしまうという敏感肌の友達はいませんか?

 

そういった方は「無添加化粧品」の中でも、「アルコール無添加」にこだわって化粧品を選びます。

オーガニック商品はどんなものがあるの?

オーガニックで楽天やアマゾンで検索してみると、昔からくらべると、かなりの数の商品がラインナップされていますね。

オーガニックコットン製品

化学繊維でかぶれてしまう方も、オーガニックコットンの掛け布団であれば安心ですね。

オーガニックコーヒー

コーヒー好きとしては、手間暇かけた手作りの粉ということで、試したい気持ちもありますね。

オーガニックワイン

最近の流行りですね。ビオワインなども一気に市場に出てきた感じがします。

オーガニッククレンジングオイル

化粧を落とすためのオイルは石油由来のものも多く、ごっそり落ちる反面、肌に必要な油分まで落としてしまうこともあります。

 

また、乾燥しやすいといったこともありますよね。

 

オーガニックであれば、化粧の落ちがバッチリであれば肌にも優しくて両得ですね!

 

ほかにも有機野菜など、沢山の種類があります。こだわればキリがないともいえます。

 

オーガニックの製品は、先にも伝えましたが無農薬に近い栽培方法のため、原材料のロスが多くなります。

 

そうなると、同じ畑で農薬を使い栽培されているものよりも、収穫量が少なくなるので、販売価格も高くなります。

 

それがオーガニック商品がほかの商品よりも値段が高い理由といえます。

オーガニックに興味がある人ってどんな人が多い?

オーガニック商品に興味のある人は、大きくわけて2パターンといえます。

  1. 体のアレルギー反応の為にオーガニック由来のものを使っている
  2. 化学薬品の摂取を控えるためにオーガニック由来のものを使っている

 

アトピーや敏感肌のために、特定の化学成分のアレルギー反応がでることがあります。

 

そのため、オーガニックにこだわったものを使っています。

 

また、特にアレルギー反応はなくても、化学薬品や農薬の体への影響が心配ということもあり、オーガニック思考の人も増えてきています。

 

どちらもこだわりをもって、自分の体を守ったり大切にケアしたりすることはいいことですね。

オーガニックと有機の違いとは?知っておきたい正しい知識ポイントまとめ!

  • 「オーガニック=有機的な」という意味。無農薬と違い、指定分量まで農薬の使用可能。
  • 有機栽培は手間がかかるため、育てた農作物は割高になりやすい。
  • 無添加とオーガニックの違いはプロセス。オーガニックは農作物の栽培方法。無添加は加工食品など製造方法において、どちらも化学的な薬品などを使っていない意思表示。
  • アレルギーがあるためオーガニックを使用している人、健康志向でオーガニック商品を使用する人などさまざま。

いかがでしたか。

 

私は収入との兼ね合いもあるので、やはりちょっと高いオーガニック商品は手を出しにくいですね。

 

でも、もしオーガニック商品がもっと普及してくれば、体も少しデトックスされるのかな?と興味はあります。

 

収入が増えたら、まずはオーガニックワインに手を出してみようと思います。笑